フランス軍戦闘糧食の外箱

上記の箱は、部隊に糧食を纏めて配送する際に使われる外箱で、この一箱に12個のフランス軍レーションが収められています。
フランス軍の戦闘糧食は基本的に1日(3食)分が詰まっており、重量は1箱およそ2Kgほどあるので、
つまりこの一箱でおよそ24Kg!!

一箱に詰められているメニューは12個全て同じなので、自衛隊のように皆同じ物を配給されて食べているでしょうか?
しかしそうなると、NO PORKメニューをわざわざ用意してあっても、毎回NO PORKメニューが食べられるわけじゃないと言うことになります?
宗教上などの理由で豚肉が食べられない兵士は、毎食必ずNO PORKメニューでなければならない訳ですから、
やはり基地では数種類用意してあり、そこから好みのメニューを選んで持っていくという方式だと思われます。

 

側面にはこのように中に入っているメニュー番号が印刷され、黒字印刷で消費期限、赤字で製造年月日が記されていて、
これをみるとフランスレーションの場合、大体3年ほどの賞味期限がある事になります。


これは2002年製造のラシオン大箱です。

基本的な印字情報は変わっていないようですね。


ちなみにこちらが緊急時備蓄用?ラシオンの外箱ですが、こちらは「L‘ARMEE」の文字が。


今回この珍しいフランスレーション外箱の写真を、いつもお世話になっているA・Y様より送っていただきました。
フランス語の解説も頂いたりと、本当にご協力ありがとうございます。